2017年03月11日

サクラさんと、そのお父さんに。

サクラさんがご縁で知り合えた、神谷悠山さんとの釣行が『北海道のつり』10月号に載りましたよ。
どこかでご覧になっていてくれると良いなあ。
 
WP_000165.jpg

WP_000166.jpg

Requiem æternam dona eis, Domine, et lux perpetua luceat eis.
posted by 末広亭柏倉恭三 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車ボウケン川遊びの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

白老滝

ご無沙汰しております。
昨日、息子の十四歳の誕生日を迎えた記念で、本日、白老滝に行ってまいりました。
ルートにつきましては、四季彩街道こと道道86号線の『砥石沢の滝』駐車場より200mほど坂を上り、谷側にある笹やぶの切れ目から谷を降りていきます。そこかしこにピンクの目印テープを有志の皆さんが付けてくれていますので、迷うことはないと思われます。
ただし、沢靴か、最低でもトレッキングシューズくらいは履いていかないとやばいです。
わたくしはタクティカルブーツと呼ばれる編み上げ靴を履いていきましたが、苔が生えて濡れた岩には全くグリップせず、恐ろしい思いをしました。ちなみに、有志の皆さんが笹を刈ったルートを少し下ったあとは、水の流れる沢を下ることになります。滝のある河原まではどちらも結構な下り坂です。斜度については何度かはわかりませんが、帰りの上りよりも行きの下りのほうが、(初めて歩く道だったこともありますが)倍は時間がかかるほどでした。

あんまり急坂に見えないですが、ちょっとビビリと後悔が入る斜度でした。
IMGA0226.JPG

で、こつこつ下ると、いきなりこんな景色が広がります(スマホで撮影。画質悪いです)。


上の動画の画面、左下隅に小さく白老滝が写っていますね。
この河原まで降りてこられれば滝へのアクセスはもうすぐです。



二段しか見られませんが、実際は三段の滝なのだそうです。
また、柱状節理の形が、よく見る縦型とは違って横に積み重なっているようで、面白いです。



何か釣れないかなと竿を出しましたが、アタリは無し。
それにしても、夏の暑い日なんかに泳ぎに来たら気持ち良いだろうな〜
なあんて、帰りの登坂で汗だくですよね〜

これにて白老三大滝(インクラの滝・社台滝・白老滝)のグランドスラムと成りましたが、
まだ真のラスボス、石狩白老滝を見ていません。
今年は行けるかな?

以上、白老滝でした。
posted by 末広亭柏倉恭三 at 19:13| Comment(2) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

五年前、

当時、統一地方選挙の真っ最中で、リアルなのかファンタジーなのかわからない初めての世界であたふたしている際に起きた災害でした。
それでも選挙運動というのは行われるんですよ。
無我夢中でどうにか走り抜けて、一息ついた時、東北に住む友人の一人と連絡がつかないことに気づきました。なぜ、それまで気付かなかったのかと今でも悔やんでいます。震災はリアルに起きた出来事なのに。
 
サクラさん、本当にごめん。俺が悪かったです。
許してくれてからで構わないから連絡下さい。ずっと待ってます。
posted by 末広亭柏倉恭三 at 06:53| Comment(0) | 連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする